月例懇話会 監督・脚本家 中野広之「これからの時代劇への提言 – 先人たちに学ぶ日本人の心」

平成28年4月度の月例懇話会を下記の通りご案内いたします。

 

今月は監督・脚本家として活躍中の中野広之先生に「これからの時代劇への提言」と題してお話ししていただきます。

 

中野先生は時代劇再生運動にも携わっておられ、当会と志を共にする方であり、どんなお話が聞けるのか楽しみであります。

 

今回の会場はいつものハートピア京都です。前回とは異なりますので、お間違えのないようよろしくお願いいたします。

 

 講師プロフィール 

49歳。監督・脚本家・舞台演出家として活躍。中島貞夫監督に師事。

2012年 全国放送連続ドラマ「逃亡者おりん2」にてメイン監督を務め、

全12話中7話から12話の最終回まで6話分を担当

2014年年末時代劇スペシャル「鬼神剣サキ」の原案・脚本・監督を務める

 

(榎木孝明氏もメインゲストとして出演)

 

日時 平成28年4月12日(火) 18:00〜20:00
場所 京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都 4階 第4会議室
住所 〒604-0874  京都府京都市中京区竹屋町通烏丸東入清水町375番地
電話 075-222-1777
公共交通機関

京都市営地下鉄烏丸線「丸太町」駅下車 5番出口(地下鉄連絡通路にて連結)

京都市バス、京都バス、JRバス「烏丸丸太町」バス停下車し烏丸通り沿い南へ

会費

会員無料・一般五百円