映画「輪違屋糸里」今秋クランクイン

「輪違屋糸里」は浅田次郎原作の同名小説の映画化です。

物語の舞台は、幕末の京都。新選組副長 土方歳三に想いをよせる島原輪違屋の遊女 糸里。糸里と土方の恋を軸に、新選組 平山の恋人の吉栄、芹沢の愛人のお梅ほか、女たちの視点で、時代の象徴的な出来事、新選組内部で起こった、百姓が武士を殺す芹沢鴨暗殺事件を描きます。

映画一期一会プロジェクトの呼びかけ

お知らせ